ブルートゥースリモコンユニット for iOS JJC ES-898

JJC社製ブルートゥースリモコンユニット ES-898

ブルートゥース対応のデジカメ用リモートコントローラーユニットです。コントローラーを別売りケーブルでカメラと接続することで、iPhoneなどiOS(iOS6以上)搭載の携帯端末(※1)からブルートゥース無線を利用してカメラをコントロールすることができ、タイムラプス撮影などの機能をiPhone/iPadから操作できます。コントローラー1台とケーブルとの組み合わせで、複数メーカーのカメラでの運用が可能です。

Android端末については、メーカーサイトから圧縮ファイル(rar形式)をダウンロードし、解凍、インストールすることで使用できます。使用方法はこちらを参照ください。 


使用準備

カメラとの接続ES-898に単四電池x2本をセットして、カメラのリモート端子に別売りのケーブルを経由してES-898を接続します(※必要な場合はレリーズ操作ができるようカメラの設定をしてください)。

アプリのインストール:iPhone/iPodにES-898用アプリJJC Easy Switch(無料)をインストールします。App Storeでコントロールアプリ”JJC Easy Switch”を検索し、インストールしてください。

機器のペアリング:①ES-898のPower/Scanボタンを3秒間長押しすると赤いLEDが点滅し電源が入ります。続けて、もう一度Power/Scanボタンを押すと、緑のLEDが点滅し、ES-898側のiPhone/iPodの接続準備完了です。②コントロールアプリJJC Easy Switchを起動し、SCANボタンを押します。iPhoneがES-898を認識するので、CONNECTボタンを押すと、モードセレクト画面に変わります。


アプリ使用方法

マニュアル撮影:画面下部のFOCUSボタンを押すとカメラのフォーカスを合わせます。SHUTTERボタンを押すと撮影します。連写設定している場合は、SHUTTERボタンを押し続けている間、連写できます。

タイマー撮影Timer Remoteボタンを押すと、タイマー撮影モードに画面が切り替わります。

スケジュール撮影Scheduled Timer Remoteボタンを押すとスケジュール撮影モードに画面が切り替わります。

 ※ES-898では、Standard Remote機能は使いません

その他ON/OFFボタンをOFFにスライドするとES-898との接続を切り、トップ画面に戻ります。また、ES-898との接続が切れた時、ONにスライドすると再接続します。中央の目盛りは、接続状況(電波強度)を示します。電池の目盛りはES-898の電池残量です。


タイマー撮影

Delay(タイマー撮影):N秒後にシャッターを押す設定。セルフタイマー。0秒~99時間59分59秒900ミリ秒まで0.1秒単位で設定できます。(例)DELAY 00:00:10:000の場合、10秒後にシャッターを切ります。

Bulb(バルブ撮影):露光時間の設定。バルブ撮影。カメラ側をバルブ撮影モードに設定した場合、1秒~99時間59分59秒900ミリ秒まで0.1秒単位で設定できます。(例)BULB 00:01:00:000の場合、1分間のバルブ撮影をします。【注意点】バルブ撮影を使用しない場合でも、設定値は1秒(00:00:01:000)以上にしてください。0秒のままでは撮影開始できません。

Interval(インターバル撮影):撮影間隔の設定。インターバル/タイムラプス撮影。1秒~99時間59分59秒900ミリ秒まで0.1秒単位で設定できます。(例)INTERVAL 00:00:30:000の場合、30秒ごとに撮影します。

#(撮影枚数):撮影枚数の設定。1~999枚まで設定できます。また、Infiniteボタンをスライドする(時間表示右側にInf.と表示される)ことで上限なしの撮影ができます。

START(撮影開始):上記オプションを設定の上、STARTボタンを押すと撮影を開始します。STOPボタンを押すと撮影をやめます。バルブの時間設定が0秒になっている場合など、設定が正しくされていないと撮影開始しません。


スケジュール撮影

Easy Switchでは、最大6個のスケジュール撮影が設定できます。Schedule0106のボタンを押し、撮影スケジュールを設定してください。

設定方法はタイマー撮影と同じです。撮影開始時間(DATE/TIME、日時)は100時間(約4.17日)以内に設定してください。STARTボタンを押すとスケジュール撮影を開始します。

(例)Schedule 01DATE 2015-05-01 TIME 17:30:00 BULB 00:00:01:000 INT 00:00:05:000 # 030 の場合、4月1日午前9時から5秒ごとのインターバル撮影を30枚撮影します。

【その他】

ES-898本体上部の大きいボタンを押すとシャッターが切れます。有線レリーズとして使うこともできます。


【注意事項】

(1)タイマー/スケジュール撮影時は、カメラ側の連写設定を単写(ワンショット)に設定してください。連写設定にした状態で使用すると、撮影信号が送られている間、連射撮影されます。

(2)タイマー/スケジュール撮影時のBULB設定値は1秒(00:00:01:000)以上に設定してください。0秒(00:00:00:000)では撮影開始できません。シャッタースピードはカメラ側設定に依存するので、カメラ側をバルブ撮影モードにしていなければ、1秒以上に設定してもカメラ側のシャッター速度が優先されます。

(3)対応カメラ、ケーブルについては、こちらのページを参照ください。

(4)その他設定については、こちらのページ(設定上の注意)も参照ください。